01
10月

高齢者介護施設の浴室&洗面化粧台(車椅子対応)交換工事(築50年)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●介護施設の浴室&シャワー室は高齢者対応の設備の紹介です、今年の1級建築士の設計製図試験の課題は高齢者介護施設であり今回の当社の施工事例はまさにタイムリーな施設でありこれからの1級建築士設計製図試験を受験する人達にとって非常に参考になる実務れべるの施工を掲載しました。浴槽の深さは浅く材質は檜で木材を使用してヒートショックを起こさない温かみのある材質にて2か所作り介護人が補助出来るスペースを確保し又シャワーも周りに設け、介護用椅子を並びに手摺等を設置しました。
●又個人住宅の介護用の洗面化粧台の施工前の状況です、これは自宅で介護するために車椅子対応の洗面化粧台の施工説明です、この建物は築50年経過した建物ですが施主が介護を必要となった為今回施工することになりました。
●既存仕上げを撤去し新しく洗面化粧台を取り付ける前の下地作りの様子です、正面には新しく明かり取り用の窓を作り床下地は根太:45×45角にて300㎜間隔で補強して下地はラワン合板厚さ21㎜を張り車椅子が自由に往来出来て耐久性に富む作りにしました、又壁も厚さ21㎜と床と同じ様に張りました。●洗面化粧台は車椅子で座ったままで使用できる洗面化粧台設置しました。

TOP