01
5月

築48年の木造2階建て専用住宅の耐震工事

⇒築45年の木造2階建て専用住宅の洋室の物入の部分の壁を耐震補強工事を行う前の現況です。

 

 

 

⇒既存の床部分も一時撤去して耐震補強工事を行う前の現況です。

 

 

 

 

 

⇒既存の壁&床等の仕上げ部分を撤去して耐震補強工事を行っていきます。

 

 

 

⇒柱頭部分(柱&梁又は桁&筋交:90×45)等を筋交金物(2倍)で角形ビスを使用して接続を行います、尚受け材:45×45を水平方向&垂直方向に既存の柱&梁&桁等に取り付けてを行い筋交&2倍金物で取付を行います。

 

 

⇒柱脚部分(柱&土台&筋交:90×45)等を筋交金物(2倍)を角形ビスを使用して取り付ける。

 

 

 

 

 

⇒断熱材:グラスウール厚さ50㎜を柱&間柱&受け材&筋交等の中に充填する。

 

 

 

 

 

 

⇒受け材に構造用合板特類2級:1,820×910×厚さ9.5㎜を受け材に150㎜間隔にN50釘を打ち付けて留めて耐震壁が完成します。

 

 

TOP