介護リフォームや木造耐震補強など、住まいの延命を図る建築・施工はティワイプランニングにお任せください。

ティイワイプランニングロゴ
  

洗面台リニューアル画像

出入口リニューアル画像

玄関リニューアル画像

ベランダリニューアル画像

3階建住宅リニューアル画像

キッチンリニューアル画像

バスリニューアル画像

メイン画像:補助画像

お知らせ

RIMG0266
 

2017年5月28日

(カテゴリー:)

築50年の木造住宅はかなり多くの亀裂発生(クラック)が多く発生

RIMG0451⇒最近頻繁に発生している地震で外壁を3回ほど外部を塗装を行いその都度クラック補修を行っていましたが、またもや亀裂が発生したので雨期の入る前に急遽亀裂(クラック)補修を行いました、特に外壁面の出隅部分及びサッシ周りはかなりの亀裂(クラック)が発生しているので今回耐震補強工事同時に亀裂(クラック)補修工事を行いました、この建物は木造モルタル塗りスタッコ仕上げで当時かなり多く塗られた左官仕上げでありましたが、50年の経過にて劣化が進んでいますが3回の塗装工事を行っていましたのでこの程度で済んでいたと思われます、亀裂部分からの雨水の浸入がありましたのでシロアリの発生している可能性もあるので外壁内部を調べまいたがシロアリの発生はしていませんでした。

RIMG0493今回の亀裂(クラック)補修は簡易的なシール工法でシーリングを使用して部分的に補修工事を行う事にしました、何故なら既存が木造という事で鉄筋コンクリート造の様な補修方法とは少し異なった方法で方法で行いました季節的に5月は天候に非常に恵まれている時期なので早急に耐震補強工事と同時平行で行う事としました、事象の亀裂もひび割れ程度で0.2㎜以上1.0㎜以下であったのでひび割れの挙動が小さいのでカットシール材充填工法で行いました。