介護リフォームや木造耐震補強など、住まいの延命を図る建築・施工はティワイプランニングにお任せください。

ティイワイプランニングロゴ
  

洗面台リニューアル画像

出入口リニューアル画像

玄関リニューアル画像

ベランダリニューアル画像

3階建住宅リニューアル画像

キッチンリニューアル画像

バスリニューアル画像

メイン画像:補助画像

お知らせ

CIMG0061
 

2017年8月10日

(カテゴリー:)

築50年の木造住宅耐震補強工事にて既存の玄関&既存ダイヤブロック壁&既存勝手口ドア等の補強工事

CIMG0078

⇒耐震補強工事を行うのに伴い内部の天井&壁&床等を撤去してみたら過去にリフォーム3回を行った2回目の時に既存玄関ドア&既存ダイヤブロック壁&勝手口ドア等が撤去されずにそのまま残して外壁廻りを金属サイディング張りをい行って有ることが判明しました、今回は外部廻りの屋根&外部水切り&下屋部分の取り合いにて下手に撤去すると雨漏りなどの事象が生じるので撤去せずに工事を行う事になりました、しかしながらこれはあまり芳しくありませんが今回は苦渋の選択で残して工事を行いました、この2回目のリォーム工事を行った業者は地元では有名なH家住宅という業者でした施主はまったく知らなかったとの事でした、この様な施工を行うのは同じリフォーム業者として嘆かわしい限りです、又疑がわしい仕事を行うな!と嘆くばかりです、今回の施工ではこの玄関ドアに木軸胴縁45×45等で壁下地を作りました。又防蟻処理も同時に行いました。

RIMG0031

 ⇒勝手口ドアも玄関ドアと同じく外部廻りに事象が出るので木軸同縁45×45で壁下地を作りました,又既存ダイヤブロックも木軸同縁にて壁下地を施工する事になりました。壁下地の同縁下地の上にを張りその上に構造用合板:1820㎜×910㎜×厚さ12㎜を張りその上にクロス下地の石膏ボード9.5㎜を張ります。

             RIMG0043    RIMG0053RIMG0079      RIMG0087

 

RIMG0100

 ⇒天井仕上げは石膏ボード9.5㎜の上にビニルクロス張り&壁仕上げは構造用合板:1820×910×9.5の上に石膏ボード9.5㎜の上にビニルクロス張り&床等の仕上げは床下地構造用合板1820×910×12を張りその上に床フローリング12.5㎜仕上げです、今回の工事はかなり既存の仕上げが過去3回のリフォーム工事後の耐震補強工事の為にかなり苦労をしましたが構造的にかなり強度は上がりました。