介護リフォームや木造耐震補強など、住まいの延命を図る建築・施工はティワイプランニングにお任せください。

ティイワイプランニングロゴ
  

洗面台リニューアル画像

出入口リニューアル画像

玄関リニューアル画像

ベランダリニューアル画像

3階建住宅リニューアル画像

キッチンリニューアル画像

バスリニューアル画像

メイン画像:補助画像

お知らせ

施工前1
 

2018年5月10日

(カテゴリー:

築55年鉄骨造2階建て保育園の耐震補強工事外部の鉄骨梁(H形鋼溶接補強)

施工2⇒外壁の2階梁部分を部分的に切り取って鉄骨H形鋼の梁部分を溶接補強を行う前の様子です、又外壁部分なのでなるべく補強部分と他の部分が目立たない様にする為に最小のサイズで開口にしました、外壁はラスモルタル塗り仕上げで築55年とかかなり古いため最小限度にして後にクラック(ひび割れ)が起きないように最小の開口にしました。

施工4⇒梁の溶接補強はH形鋼溶接補強は梁のフランジ上下の内側に平プレートで厚さ16㎜×長さ300㎜×幅65㎜をそれぞれに部分溶け込み溶接の開先にてアーク半自動溶接にて行いました、又溶接技量者は溶接姿勢F(下向)H(横向)V(立向)O(上向)となる資格者に必ず行わせる事が重要ですし溶接後の錆止め塗装を行います。

 

施工5⇒その次に外壁仕上げの復旧仕上げではまず下地のラスモルタル下地用に網を張りますこれは ラス網です網にラスモルタルが付き易くするためです又外壁が剥落しない様にするためですしこのラスモルタルの調合比は砂:セメントの比率が3:1ですこれは長年左官工事をして来た方なら殆どの人が知っていることです。

 

⇒既存の仕上げ復旧仕上工事です施工6がラスモルタル塗り仕上げは3回の工程があります下塗り、中塗り、仕上げ塗にて調合は下塗りは富調合中塗り仕上げ塗に行くに従い負調合で仕上げて行くことですし養生期間も2週間経過後に仕上げ塗装を行う事です、必ずこの工程を守る事してくださいかなりこの工程を守らない業者が多いのでご注意ください。