屋根(日本瓦)

屋外工事


●2011年3月11日の東日本大震災時に関東地方千葉県松戸市内の2階建住宅の大屋根の棟部分が崩落しましたこれは震災でも崩れたが実は施工時の関東地方では棟(冠瓦&のし瓦)をパッキン付きステンレスねじで留める作業が省略されているケースが多かったのでこの東日本大震災時に被害が多く出ました、これは瓦職人さんの責任だけの責任では無く請負者&工務店等がちゃんと管理していないケースが多く現在の建築施工とはかけ離れた施工が多く有り、職人さん任せが多く、又請負者&工務店の管理不足(知識の無さ)が今回の地震時に災害を拡大されたのではないかと思われます。

●施工はパッキン付きステンレスねじ&心木取付け用ボルト&堅結線(なましステンレス鋼線又は合成樹脂等で被覆された銅線又は銅線)等で冠瓦を結束する、下地の飯喰は南蛮漆喰(粘土に石灰と樹脂を混ぜた物)を使用します。

●瓦留めに使用する釘は必ずステンレス製の釘を使用する事、屋根の上の作業なので確認する事を怠るケースが多い特にリフォームでは重要です、それと瓦には釘穴が必ず開いているのでこれも一枚一枚確認する事です、職人さん任せにしない事です。

TOP