建具

屋内工事


建具
①フラッシュ戸&襖&戸襖のように内部材が外から見えない建具とかまち戸&障子のようにすべて化粧材からなる建具とに大別される。
周部材は、垂直方向の「かまち(縦かまち)」と水平方向の「上かまち、下かまち」又は「上桟、下桟」とからなり、補強のために中間に入れる部材は内部材が見えない建具では「中骨」といい、すべて化粧材からなる建具では「中桟」という。
②現在の建具は殆どがMDF(medium density fiberboard)中質繊維板と呼ばれる物に移行していて無垢材での建具は製作が少なくなって来ており今後はこの材料が主流でです。
③要素を3っの組み合わせ『木材チップの樹脂』『接着剤の種類』『密度』等による
要素を組み合わることで様々なタイプのMDF材を製造できるのです。
④リサイクル素材により簡易、安価なものから、高い耐久性と防蟻性があります。
⑤他の用途として家具の扉、側板、背板、住宅設備機器の扉、カーテンボックス等の造作材、スピーカーのキャビネット、カラーボックス等があります。

TOP