木造住宅耐震補強工事

耐震補強

木造住宅耐震補強工事とは?

 1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災から鳥取県西部地震・十勝沖地震・新潟県中越沖地震・福岡県西方沖地震・宮城県沖地震・能登半島地震・岩手宮城内陸地震・東日本大地震・2016年(平成28年)九州熊本地震等の21年間に大きな地震災害から木造住宅がかなりの被害を受けて耐震性の声が高まり、木造住宅耐震補強工事は公的機関の補助金も有りかなり木造住宅耐震補強がリフォーム工事の中に含まれて工事を行うケースが多く出てきています。
 新耐震設計法の中小地震(数年に一回)1階部分に建物荷重(固定荷重+積載荷重)の20%のせん断力を想定するが損傷防止、許容応力設計・水平耐力の検討、大地震(数百年に一回)1階部分1階部分に建物荷重(固定荷重+積載荷重)の100%のせん断力を想定するが倒壊防止、保有水平耐力の計算にて復元力特性の検討、から建築基準法等も改訂されての木造住宅耐震補強工事です。大地震による災害に対する対策として、かつての消費的社会ではスクラップ&ビルドに依る建築生産における循環型社会の附与することが出来ます。

TOP